妊娠しやすくなる 食生活

食生活を改善したら妊娠しやすくなるってホント?
Line

食生活を改善したら妊娠しやすくなるってホント?


食生活を改善したら妊娠しやすくなると言うのは、ホントです。

乱れた食生活をしていると、妊娠だけではなく、肥満や栄養不足、下痢や便秘といった体の不調が現れます。

また、冷え性や生理不順といった、妊娠に悪影響を及ぼす事もあるのです。

食生活を改善する事で、毎日を健康に、そして妊娠しやすい体づくりをする事ができるでしょう。

妊娠しやすくなる為には、排卵日といったタイミングももちろん重要ですが、妊娠しやすい健康な体になる事も、女性にとっては大切な事なのですよ。

Line

どんな食生活にしたら妊娠しやすくなるの?


どんな食生活にしたら妊娠しやすくなるかと言うと、たんぱく質を多めに、普段から不足しがちだと言われている鉄分や亜鉛、葉酸を積極的に摂取するようにするといいでしょう。

たんぱく質は体を作る3大栄養素のひとつで、主に、筋肉や皮膚、そしてホルモンや免疫体といった、私たちの体に大切な要素を構成しています。

つまり、妊娠しやすい体になる為に欠かせない栄養素が、たんぱく質なのです。

また、鉄分は貧血を防止するだけではなく、子宮の環境を整えてくれる働きがあります。

亜鉛は、妊娠に重要な女性ホルモンの分泌を促して、妊娠しやすくしてくれます。

葉酸は、赤ちゃんの為に妊娠初期に重要な栄養素となりますが、それ以外にも正常な細胞分裂を促し、妊娠しやすい体へと導いてくれます。

たんぱく質を多く含む食材は、肉や魚、卵、乳製品、大豆製品です。

鉄分は、レバーや魚介類、海藻類に多く含まれ、亜鉛は、牡蠣、牛肉、鮭、アーモンド等に多く含まれています。

葉酸は、ブロッコリーや小松菜、グリーンアスパラガスといった野菜に多く含まれます。

普段の食生活から十分な量の栄養素を摂取するのが難しければ、サプリといったものも上手に利用するようにしましょう。

Line

妊娠しやすくなる食生活のポイントってある?


妊娠しやすくなる食生活のポイントは、あります。

まず、体を冷やしてしまう食材を選ばないようにします。

体の冷えは、直接妊娠に影響します。

体が冷えると子宮の周辺や卵巣にも冷えが伝わり、機能が低下して妊娠する力が弱くなってしまいます。

また、血流も悪くなる溜め、妊娠に必要な栄養が子宮や卵巣に行き届かなくなり、妊娠しやすい体とは言えなくなるでしょう。

体を冷やす食材は、夏野菜などですので、注意するようにしてください。

その他にも、冷たい飲み物を飲んだだけで下半身が冷える事がありますので、妊娠しやすくする為には、夏でも常温か温かい飲み物を飲むようにしましょう。

食品添加物の摂り過ぎも、体に影響する可能性があります。

妊娠した際には、口にしたものが全て赤ちゃんにも影響しますので、できる限り添加物も摂取しないようにした方がいいですね。

Line