妊娠しやすくなる 禁煙

妊娠しやすくする為には禁煙した方がいい?
Line

妊娠しやすくする為には禁煙した方がいい?


妊娠しやすくする為には、禁煙した方がいいでしょう。

タバコが健康に悪い、といった事はご存知の方も多いと思います。

また、発がん性物質が含まれている事からも、自分の健康の為に禁煙をオススメします。

それでも禁煙できない、といった方は、妊娠とタバコとの関係を考えてみましょう。

タバコが妊娠に与える影響は、卵巣機能の低下や女性ホルモンの分泌低下です。

タバコを吸うと血管が収縮され、血流が悪くなります。

すると、卵巣の機能が低下してしまうのです。

タバコには女性ホルモンの分泌量を低下させる働きもあるので、更に妊娠が遠のいてしまいますね。

妊娠しやすい体になる為には、ぜひ禁煙するようにしてください。

Line

妊娠しやすくする為のオススメの禁煙方法ってある?


妊娠しやすくする為のオススメの禁煙方法は、あります。

まず、いくら妊娠の為だと判っていても、そう簡単には禁煙できないでしょう。

そこで、まずは市販されている禁煙補助商品を利用してみましょう。

いきなり禁煙するから、挫折してしまうのです。

禁煙補助商品を上手に利用する事で、徐々にニコチンの量を減らしていき、体を慣れさせる事ができるようになります。

禁煙の成功率が高い禁煙補助商品もありますので、興味があるようでしたら、チェックしてみてください。

また、どうしても禁煙したい、と思っているのであれば、病院の禁煙外来を受診しましょう。

禁煙外来を利用する事で、専門の治療を受ける事ができるようになり、更に簡単に禁煙に成功する確率が高くなります。

禁煙外来は保険も適用されるので、費用もあまり掛からず禁煙する事ができますよ。

Line

禁煙できなかったら妊娠しやすくならないの?


禁煙できなかったら妊娠しやすくならないのかと言ったら、そうとも言い切れません。

タバコを吸っていても妊娠された方は、数多くいらっしゃいます。

その為、タバコだけが原因で妊娠できない、といった事はありません。

また、無理に禁煙する事で、普段からイライラしてストレスが大きくなる危険性もあります。

妊娠には、このイライラやストレスが大敵となりますので、あまりにもストレスを感じるようでしたら、無理に禁煙する必要もないでしょう。

タバコには目をつぶって、他の生活習慣を改善して、妊娠しやすい体づくりを目指せばいいのです。

毎日の食生活に注意し、血流が悪くならないよう、体を温めて適度な運動を心掛けます。

ホルモンバランスも崩れやすくなりますので、大豆製品などを積極的に食べるようにして、女性ホルモンを補うようにしてください。

Line