妊娠しやすくなる 排卵検査薬

妊娠しやすくなるには排卵検査薬を使った方がいい?
Line

妊娠しやすくなるには排卵検査薬を使った方がいい?


妊娠しやすくなるには、排卵検査薬を使った方がいいでしょう。

スムーズに妊娠する為には、排卵にタイミングを合わせる事が重要ですね。

排卵の時期を予想する方法は、基礎体温や生理周期を参考にする事が多いのですが、排卵検査薬を併用する事で、より確実に排卵の時期を知る事ができます。

排卵検査薬は、尿に含まれている黄体化ホルモンに反応しますので、基礎体温や生理周期といった予想ではなく、実際に排卵されている事実を知る事ができるのです。

排卵検査薬による陽性反応の見方は、慣れるまでに時間が掛かるかもしれません。

けれど、使っているうちに段々と慣れてきますので、あと何日後には排卵が起こる、といった予想ができるようになります。

排卵の時期を特定する事でより妊娠しやくなりますので、是非使ってみてください。

Line

妊娠しやすくなるにはどのタイミングで排卵検査薬を使った方がいい?


妊娠しやすくなるにはどのタイミングで排卵検査薬を使った方がいいかと言うと、最初は生理が終わった後ぐらいから使い始めてください。

それから毎日使っていると、徐々に反応が出てくる事が分かると思います。

そして、しっかりとした陽性反応が出たらその1〜2日の間に排卵が起こり、排卵が終了すると、また反応が薄くなります。

これを繰り返す事で、自分のタイミングが分かってくるでしょう。

また、排卵検査薬がもったいない、といった場合には、生理周期が規則的なら次の生理予定日の14日前頃に排卵するので、次の予定日の17日前頃から排卵検査薬を使用してください。

どちらにしても、妊娠する為には、排卵のタイミングを逃さない事が重要です。

Line

排卵検査薬以外の方法で排卵をチェックする事ってできる?


排卵検査薬以外の方法で排卵をチェックする事は、できます。

まず、一般的には基礎体温を測る方法です。

基礎体温を測ってグラフ化すると、低温期と高温期に分かれている事が分かると思いますが、この低温期が終了する前日〜翌々日の4日間に排卵が起こる、とされています。

次に、オギノ式で排卵を予想する方法です。

オギノ式は、次の生理予定日から計算して、14日前からプラスマイナスの2日の間に排卵が起こる、とされています。

他にも、おりものや子宮の状態から排卵を予想する、福さん式と呼ばれているもの。

これは、おりものの状態が透明でよく伸びるようになり、子宮口も柔らかくなったら排卵している、と言われています。

おりものの状態を見極めて、排卵のサインを見逃さないようにする事がポイントとなります。

このように、排卵検査薬以外にも排卵をチェックする方法はありますので、いくつか組み合わせるとより確実でしょう。

Line